忍者ブログ
正確には『濡れ手で粟』 --- 手を濡らし、より多くの粟粒を得る合理的手法 --- 工夫をするという点で『棚ボタ』とは一線を画す --- 現在長考中(笑)につき記事UP中断中 --- でも、コメレスはキッチリ致しますので、古い記事でも何度でも、コメント、トラバ、お待ちしてます
Login
最新コメント
Dating duryea. Dating solway. [Arnoldineplyさん]
Dating lorimor. Dating matchmaking online tickle. [Michalwilsさん]
Dating edon. Agency american dating. [ViktorianPsyncさん]
感謝♪ [工作員さん]...RES!
友人は [投げ込みさん]...RES!
それはまた [姐御っちさん]...RES!
なーに [ミヤ番長さん]...RES!
なんか [ミヤ番長さん]...RES!
あー、 [ミヤ番長さん]...RES!
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル [viviking☆姐御さん]...RES!
ブログリンク
ブログ内検索
[777]  [770]  [769]  [765]  [764]  [762]  [760]  [743
2017/02/20 (Mon) 06:01:47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/03/17 (Mon) 20:48:27
動体視力、という考え方がある。

移動している物体を、どの程度の速度まで見分けることが可能か、という切り口での視力だ。

この動体視力、例えば、場面の切り替えが、どの程度の速さまで認識できるか、ということで推し量ることもできる。
つまり、ぱらぱらアニメのように、絵が次々と切替わった場合、一秒当たりどの程度の枚数まで、別の絵として認識できるか、ということだ。

人間の場合、個人差はあるだろうが、おそらく一秒当たり20枚程度が限界点なのであろう。

であるが故に、映画は一秒間に24枚、テレビは(日本のアナログ放送の場合)30枚となっている。
人間の動体視力の性能では、それぞれの絵の違いが認識できない枚数、という観点から作られているからだ。

ところが、人間よりもっと動体視力の良い動物、例えば犬などは、人間用に作られた映画を見ても、画面に動きを感じることができないのだ。
フィルムのひとコマひとコマがそれぞれ止まって見えてしまい、ぎこちない動きになって見えているはずだ。

それでも、映画ならひとコマずつ確実に映っているからまだ認識はしやすいだろう。しかし、テレビなどは、一枚の画面を(日本のアナログ放送の場合)500本程度の線(走査線という)の濃淡で表現しているから、高い動体視力の性能で見ると、走査線の束がちらちらしているにしか見えないのである。

まぁここまでは、よく言われていることである。



ところが、よくよく考えてみると、別なことに思い当たる。

それは、照明だ。

蛍光灯や白熱電球など、コンセントから電源を取るタイプの照明器具は、そのほとんどが電源の交流電圧をそのまま光エネルギーに変換しているだけなので、その周波数の倍の回数だけ点滅しているのである。
日本の場合、大まかに、富士川と糸魚川を境にした東側が50ヘルツ、西側が60ヘルツの周波数でもって電力が供給されている。

つまり、東側では一秒間に100回の点滅、西側で120回の点滅をしていることになる。

人間の動体視力では、(たまに見える人が居るらしいが)その点滅を意識せずにいられる。

しかし、人間より動体視力の優れた動物はどう感じるのだろうか。

ひょっとすると、照明はチカチカとした、迷惑千万な光線と化しているのではないか。
(夜目が聞く動物であれば、その差分が少ないので気にならないかも)

もし我々が、常にチカチカした照明下で暮らさねばならないとしたら、どうなるか。

気持ち悪くなる。
イライラする。
叫びたくなる。

想像に窮しない。



点滅などしない太陽の下で生まれた生命である。

しかし、人間のエゴの下で野生を忘れさせられ、加えて、ストレスのかかる環境に晒されている。

せめて、夜くらい暗闇で寝かせてあげよう。





ところで、照明には、インバータと称する種類がある。

これは、点滅する周波数を、コンセントから供給されるそれに合わせず、更に高周波(10000ヘルツくらいかな?よく知らない^^;)にして、点滅感を和らげている(なくす)タイプである。

照明をインバーターに変えれば、いくら犬の動体視力を持ってしても、点滅は感じないだろう。



愛犬家の皆様、ご一考されたし。
PR
この記事にコメントする
文字の色
お名前:
メール:
メールアドレスは公開されません
URL:
タイトル:
コメント:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うむむっ
そういえば犬って、あまりテレビを見ませんよね。

面白くないんでしょうね。


インバーター、いまの証明って

ほとんどインバーターじゃないんですかね?

ちがうのかな?
ミヤ URL 2008/03/17(Mon)22:25:07 再編集
ミヤさん、コメントありがとう
テレビは光のスジが見えるだけで、わけがわからないのでしょうね。

蛍光灯は、ここ数年の間でインバーター化が進んでいるかもしれません。
よく知りませんが(笑)

最近は間接照明とかで白熱灯が増えているようですが、白熱灯はインバーターを使わなくても、もっと安い回路で明るさ調整ができるからか、インバータはあまり見ませんね。
どうなのかな?
【2008/03/19 23:28】
無題
考えたことがなかったですが・・
ワンちゃんは大変な状況下にあるのですね!! 気がついてなかったです! ありがとうございます!!!
航海士 2008/03/18(Tue)10:05:38 再編集
航海士さん、コメントありがとう
私も最近まで気づきませんで、夜は思いっきり白熱灯の直下で飼っていました。

ただ、本記事の内容は、あくまで推測でして、確証ははありません(笑)
【2008/03/19 23:30】
思いもつきませんでした
んー。
でもウチの故魔猫は、、、
ハロゲンヒーターの前で幸せそうでした。。

ぼけてたから(爆)
あにゃごっち URL 2008/03/20(Thu)09:31:14 再編集
あにゃごっちさん、コメントありがとう
いや、あくまで仮説ですから。。。

ひょっとして、猫は赤方に変移した色は見えないとか・・・そんなわけないか(笑)
【2008/03/24 23:30】
知らなかった・・・
うちのワンコも大変なとこで暮らしてるんだなぁ~
夜は暗闇で寝かしてます♪
再生節 URL 2008/03/20(Thu)11:47:55 再編集
再生節さん、コメントありがとう
あ、いやその・・・

ネットで調べても、誰もそんなこと言ってなさげですし、たぶん問題ないのでしょう。

ウチも、家に入れたときは暗闇です。
【2008/03/24 23:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:くらっしゅまん
HP:crushman's page
性別:男性
職業:某社従業員
趣味:多岐
自己紹介:活動拠点を2箇所持つ
イジケ面オヤジ

くらっしゅまんの連絡先
Crushmanメールフォーム
お天気情報


忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.